マルタ共和国 コミノ島

はじめまして。台湾在住のブロガーCielと申します。2010年にスタートしたブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」では、趣味で巡っている世界のラグジュアリーなホテルやスパを中心とした旅行記を書いています。このウェブでは、そんな旅の間に見つけた世界各地の絶景をご紹介します。

スリーマからバレッタを見渡せるカフェ

地中海のほぼ真ん中にあるマルタ共和国は、東京23区の約半分ほどの大きさの島国で、マルタ島、コミノ島、ゴゾ島の3つの島から成り立っています。世界遺産や歴史的観光スポットが多く、美しいビーチ、リゾートアクティビティ、ナイトライフも充実していることから、欧州の人々の夏のバカンス先としてメジャーなリゾート。また長くイギリスの支配下にあったことから英語が公用語であり、最近は、英語留学スポットとしても人気が高まっています。

はちみつ色が可愛いバレッタの街並み

そんなマルタ共和国に、2014年の夏、長期滞在していました。住んでみて気づいたのは、マルタは治安が良く安全、物価も安く、英語も通じ、雨の日が少なく、他の欧州へも気軽にアクセスできる、という他に類を見ない好条件が揃う国でした。

海の透明度が高く、混雑していない午前中の訪問がおすすめ

街全体が世界遺産となっている首都バレッタ。クラブストリートがあり連日観光客で賑わう繁華街セントジュリアン、中世の雰囲気に浸れるロマンティックな街イムディーナ、ビーチ沿いにオシャレなカフェが立ち並びショッピング天国のスリーマなど、小さい島ながら全く違う風情の街が存在しているのもユニークです。

クルーザーでボートパーティーをするツアーも用意されている

マルタ島を歩いていると、どこを撮っても絵になるフォトジェニックな場所がたくさんありますが、その中でも忘れられない絶景スポットは、マルタ島から日帰りで行くことができるブルーラグーン、コミノ島です。マルタ島の各場所で、現地で申し込みができるツアーがたくさん用意されていますが、泳いだりシュノーケリングに特に興味がなくただその絶景を楽しみたい方には、個人で気の赴くままに行かれるのがおすすめ。マルタ島中心地から車で約40分程で最北端のチャケワへ行き、そこからスピードボードで10分と比較的簡単にアクセスできます。

岩が帯のように連なっている

世界の中でも美しいと言われている、モルディブ、パラオ、シパダン、アンギラ島などのビーチと比べても、ここコミノ島は別格でした。海水は海底まで透き通って見えるので、まるで船が海面に浮いているかのよう。それだけでも壮観ですが、岩が帯のように連なっていて、様々な形の奇岩も多く見られるので、単なる「ビーチが美しい」という言葉だけでは表せない神秘的なものを感じました。

「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」    Ciel

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.