本誌第3号で特集している神秘の島モン・サン・ミシェルは、フランス北西部「ノルマンディー地方」に位置しています。
14ページの「PEOPLE」でご紹介したように、緑豊かなノルマンディーでは「りんご」の栽培も盛んで名産品の一つとなっています。

画像: 桜色の可憐なリンゴの花

桜色の可憐なリンゴの花

春は、みずみずしい若葉とともに薄桃色がかった白い花が咲き、道行く人の目を楽しませてくれます。秋には、可愛らしいりんごがたわわに実り、色とりどりに染まった木々の紅葉とともに実りの秋を満喫することができます。

画像: 名産のりんごはお酒だけでなく、お菓子にも加工される

名産のりんごはお酒だけでなく、お菓子にも加工される

ノルマンディー地方のりんごの実は、日本の食卓にあがるものよりも小ぶりで皮が厚く、酸味が強めです。そして、このりんごから作られるお酒「シードル」がアルコール度数4~6%の発泡酒。ほのかな酸味とりんごの芳醇な香りで、アルコールに弱い女性にも人気のお酒です。そして、このシードルをさらに蒸留して作ったものがアルコール度数40度の「カルヴァドス」です。

画像: シードルの醸造所、シャトー・ド・ブルイユ

シードルの醸造所、シャトー・ド・ブルイユ

りんご農園が多くある、ペイ・ドージュ地区には「シードル街道」と呼ばれる見学ルートがあり、名門の「シャトー・ド・ブルイユ」や「ペール・マグロワール」をはじめとした様々な醸造所を見学できます。

画像: シードルの醸造所、ペール・マグロワール

シードルの醸造所、ペール・マグロワール

モン・サン・ミシェルを訪れた際には、ノルマンディーの名産品「シードル」と「カルヴァドス」はぜひ飲んでおきたい名産品です。


「シードル・ポワレ工場見学ツアー」はこちらからどうぞ→ノルマンディー エトワール コンサルタント

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.