画像: 神秘的な夜のカスコ・ビエホ

神秘的な夜のカスコ・ビエホ

パナマ共和国が誇る、人々を魅了しやまない色鮮やかな世界遺産のオールドタウン、カスコ・ビエホ。前回の記事で紹介した昼のカスコ・ビエホは、カラフルな世界観がなんとも美しい。
リノベーションされ蘇った色とりどりの建物が並び、ブティックやお土産屋を覗いたり、洗練されたカフェやレストランで食事を楽しんだり。
どこを切り取っても絵になる小さな絶景の街で、地図も持たずにふらふら散策していると、いつしか中米らしいラテンとチープな雰囲気が融合する混沌としたパナマにいることを忘れてしまう。まるで、どこか違う可憐な世界に迷い混んでしまったかのように錯覚してしまう。

画像: 橙色の灯りに照らされた美しいカスコ・ビエホの通り

橙色の灯りに照らされた美しいカスコ・ビエホの通り

そんな、ツーリストに魔法にかけ魅了してくるカスコ・ビエホ。この街に心奪われたのは、昼間だけではなかった。
日が落ち辺りが闇に包まれ出すと、この街は昼間とは異なる姿に七変化するのだ。カラフルだった可憐な街からうって変わり、鮮やかな色が消え、橙色の灯りに照らされると、街中には静寂でミステリアスな雰囲気が広がり出す。
街をそぞろ歩いていたら突如見えてきた、ライトアップされ神々しく輝くピュアな美しい教会。その神秘的な教会から少し足を延ばしてみると、ナイトライフに染まるエリアが見えてきた。昼間は閉まっていたバーやナイトクラブがオープンし出し、華やかで大人な時間が始まっていたのだ。

画像: 深夜から賑わい出すナイトクラブ

深夜から賑わい出すナイトクラブ

ナイトクラブには、一体パナマのどこに潜んでいたのか?と不思議に思ってしまうような、センシュアルな魅力を放つラテンの男女が集まっていた。女性は体の曲線が出るタイトなボディコンワンピ、男性はきっちりシャツを着こなしきめている。さすが、ラテンの血を持つ人々。音に合わせて男女が絡み合いながら踊っていたダンスは情熱的だった。

画像: カスコ・ビエホ内なら夜も治安はそこまで悪くはない

カスコ・ビエホ内なら夜も治安はそこまで悪くはない

カスコ・ビエホの美しさは、ガイドブックに連載される昼間だけではない。街自体が絶景のカスコ・ビエホでは、夜はまた異なる、ミステリアスで美しい世界が広がっていた。

旅フォトジャーナリスト KANA

ヴィジュアルで魅せる旅フォトBLOG
「JETSET TRAVEL LIFE」

jetsettravellife.com

◆カスコ・ビエホのその他の写真一覧はこちらにまとめてあります。是非ご覧ください↓↓
パナマの世界遺産のカラフルな街 Casco Viejo


コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.