屋久島の海は寒流と暖流がぶつかり、そのため魚が豊富です。そんな豊かな漁場で育った新鮮な地魚を食べさせてくれるのが、「地魚料理 若大将」です。

画像: 暖簾と赤提灯が雰囲気のある店構え

暖簾と赤提灯が雰囲気のある店構え

大将の渡邊千護さん自ら船で海に出ているので、その新鮮さは折紙付き。サバやトビウオなど、屋久島の地魚を堪能できること間違いなしです。

画像: 首折れサバは水揚げされたゴマサバをすぐに首を折って血抜きするため、新鮮なまま刺身でいただけます

首折れサバは水揚げされたゴマサバをすぐに首を折って血抜きするため、新鮮なまま刺身でいただけます

「プライドを持って、屋久島の地魚料理を出しています。素材を生かした料理をぜひ召し上がってください」(渡邊さん)

画像: 甲殻類の一種、カメノテ。茹でたカメノテはジューシーで、一度食べるとやみつきになる味です

甲殻類の一種、カメノテ。茹でたカメノテはジューシーで、一度食べるとやみつきになる味です

 しかも渡邊さんの元の職業は、屋久島のガイド。10年のガイドのキャリアに裏打ちされた屋久島の知識は、料理とともに若大将の魅力です。美味しい魚料理を楽しみながら、屋久島の見どころなどについても教えてもらえるので、一挙両得です。

画像: 屋久島のニューグルメ、ヤクシカ。食べられる店は「ヤクニク屋」というノボリが目印です

屋久島のニューグルメ、ヤクシカ。食べられる店は「ヤクニク屋」というノボリが目印です

 首折れサバや、トビウオ、カメノテ、そしてヤクシカなど、屋久島ならではのグルメを堪能するには絶好のお店です。

地魚料理 若大将

住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦79
TEL:0997-42-0161
休日:日曜日
営業時間: 18:00 ~ 23:00 頃(魚が無くなり次第)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.