サワディーカー。先月は首都バンコクに閑静なリゾートエリアのホアヒン、ペッチャブリーなど、タイのシティ&リゾートを旅していたが、ホアヒンではハッと心が動かされた幻想的な絶景を目にした。

画像: ホアヒンの絶景レストラン Coco51

ホアヒンの絶景レストラン Coco51

ホアヒンはスワンナプーム国際空港や首都バンコクから3時間程で着く海に面した気品あるリゾート。タイの国王も愛する休暇場所で、大人がゆっくり癒されに訪れるバケーションにぴったりの場所。そんなホアヒンでは、プライベートビーチに面したモダンでお洒落なリゾートホテル「ホアヒン マリオットリゾート&スパ」に宿泊し、夜はディナーに出掛けた。

画像: テーブルの奥には広大な海が広がっている

テーブルの奥には広大な海が広がっている

ディナーに選んだのは、「Coco51 Restaurant & Bar」という質の高いタイ料理の数々が食べられるレストラン。実はここ、とびきりスペシャルなロケーションに位置している。
入り口を入り、奥まで進んでいくと、なんとテラスのテーブル席のすぐ目の前は波打ち際。ちょうど夜の時間帯は引き潮で水はすぐ下まで広がっていなかったが、満ち潮時には真下まで水で埋め尽くされるらしい。

画像: Coco51の美味しいタイ料理の数々

Coco51の美味しいタイ料理の数々

ただザブーンと行っては帰ってくる波の音とカチャカチャと食器の音が響くだけの、静かな静かな夜。テーブルにはキャンドルの炎がゆらゆらと揺らめいている。目の前は遮るものは何もない。広大で包み込まれるような漆黒の海が広がっていた。
そんな時ふと空を見上げたら、はっと心を奪われる瞬間に出会った。雲に隠れていた朧月が顔を出し始め、ふんわり幻想的な光を放ち、水面へと一筋の光の線が出来ていたのだ。

画像: 朧月が造り上げる幻想的な光景

朧月が造り上げる幻想的な光景

カメラに収めておきたくて、瞬間的にシャッターを切ったが、やはり目の前に現れた光景を思うようには収められなかった。そうこうしているうちに、また雲は流れ、あの一筋の光は消え無くなっていった。
旅ではふとした瞬間に絶景に出会うことがある。でもそれは、一瞬かもしれない。また、誰もか気がつかず、自分だけが気づくような些細なものかもしれない。けれど、例えカメラに収められなくても、しっかりと心に刻まれ、旅の思い出となって一生生き続けると思う。
そんな、ふとした時に偶然出会った自分なりの絶景も、目に入ったのは必然であり、この場所に来たのは導かれていたんだ、と心が感じた。

旅フォトジャーナリスト KANA

ヴィジュアルで魅せる旅フォトBLOG
「JETSET TRAVEL LIFE」

jetsettravellife.com

★タイのとっておきの写真一覧をblogに連載しています。是非ご覧ください。
「Thailand -JETSET TRAVEL LIFE-」

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.