スロヴェニア北西部、オーストリアとの国境近くにあるブレッド湖は、17世紀には既にリゾートとての開発が進み、近隣諸国の人々を魅了してきた。

画像: 風のない日には、湖面が凪いで鏡のようになり、聖母被昇天教会はもとより、空や雲も逆さまに映し出す

風のない日には、湖面が凪いで鏡のようになり、聖母被昇天教会はもとより、空や雲も逆さまに映し出す

 よく晴れた日には、湖面が鏡のように凪なぎ、小島とそこに建てられた聖母被昇天教会の姿を逆さまに映し出す。その姿は言葉を失うほどに美しい。また、湖水の透明度は抜群で、泳いでいるマスの姿がはっきりと見えるほどだ。

画像: 太陽の光に輝くブレッド湖。ブレッド城からの眺めも素晴らしい

太陽の光に輝くブレッド湖。ブレッド城からの眺めも素晴らしい

 写真家の吉村和敏氏は語る。
「朝、太陽が顔を出すと、湖面にはうっすらと朝靄もやが漂い、神秘的な表情を見せてくれます。湖の周りには遊歩道が整備されています。日中に遊歩道を歩いてベストな撮影ポイントを探し出し、次の日の朝はぜひ早起きして、絶景を撮影してみてください」

聖母被昇天教会はブレッド湖のシンボルだ

 教会が建っている小島へは、桟橋からボートで渡ることも可能だ。また、湖畔にはブレッド城も建っている。「ブレッド城が建つ崖の上からの眺めもお勧めです。湖と教会がキラキラ輝く光に包まれた絶景です」(前出・吉村氏)絵画にも喩えられる湖は、ぜひ自らの瞳で堪能したい絶景だ。

●アクセス
スロヴェニアの首都、リュブリャナから、電車で約1 時間、バスなら約1 時間20 分。湖の大きさは、東西約2120m、南北約1380m、周囲約6km。湖周辺にはいくつかのホテルやペンションが建ち並び、湖まではどのホテルからも歩いていくことができる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.