画像: フンシャル空港に降り立った瞬間に広がる景色

フンシャル空港に降り立った瞬間に広がる景色

東京からフランクフルトを経由してポルトガルの首都リスボンに到着。そこから飛行機でさらに約1時間半、アフリカ大陸近くの大西洋に浮かぶポルトガル領のマデイラ諸島へ。

画像: アペリティフやデザートワインとして楽しむマデイラワイン

アペリティフやデザートワインとして楽しむマデイラワイン

マデイラ諸島は、日本での知名度は高くないですが、温暖な気候を求めてヨーロッパ各地からの観光客に人気の高いリゾートアイランドです。この地の名物と言えば、シェリー、ポートワインと並び、世界3大酒精強化ワインの1つに数えられるマデイラワイン。かのシェイクスピア に「命と引き換えにしてもいい」と言わしめたワインとして知られ、街のバーやホテルではもちろんのこと、カジュアルなカフェでさえも気軽に味わうことができます。

ロープウェイから見渡す景色は圧巻

そんなマデイラ諸島には、ポルトガル唯一の世界自然遺産である照葉樹林や、首都フンシャルの歴史的中心地とモンテの街を繋ぐロープウェイからの眺めなどを始めとする、「大西洋の真珠」と称されるこの地に相応しい素晴らしい絶景が点在しています。

画像: ホテルのレストランや客室など、ほとんどの場所から絶景が見渡せる

ホテルのレストランや客室など、ほとんどの場所から絶景が見渡せる

その中でも、私が一番記憶に残っている絶景と言えば、フンシャル湾に面した小高い海沿いに立つホテル「ベルモンド・リーズ・パレス」からの眺めです。

画像: アフタヌーンティータイムは、外部からのゲストも多く訪れる

アフタヌーンティータイムは、外部からのゲストも多く訪れる

イギリスのチャーチル首相や、皇妃エリザベートなどが保養に滞在した由緒ある名門ホテルで、ここのティールームでは、真っ青な海、オレンジ色の屋根が宝石のように浮かび上がる街並み、亜熱帯の緑豊かな木々を一直線上に見渡すことができます。ゲストの年齢層も高いため、落ち着いた雰囲気の中で、絶景と共に味わうアフタヌーンティーは、とても優雅な時間でした。

画像: 安全で治安もよく、安心して街歩きができる

安全で治安もよく、安心して街歩きができる

マデイラ島は観光地ですので、治安も良く、英語も通じ、人々もとても親切でした。にも関わらず、物価もお安いので、女性1人旅にお勧めのデスティネーションです。

「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」    Ciel

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.