第23号 4月4日(火)発売

『アバター』のモデルになった壮大な奇観
武陵源
〈中国〉

画像: 『アバター』のモデルになった壮大な奇観 武陵源 〈中国〉

映画「アバター」の舞台として有名になった、奇岩群「武陵源」。山水画のような美しさ、そこに住む少数民族の人々とその歴史、そして、なぜ、美しい奇岩群ができたのかという謎を解説します。

画像2: 『週刊 奇跡の絶景』最新号(第23号)画像3: 『週刊 奇跡の絶景』最新号(第23号)画像4: 『週刊 奇跡の絶景』最新号(第23号)

CONTENTS

BEAUTY
奇岩がつくりだす幽玄の世界
MAP
武陵源中心エリアと点在する3 つの観光スポット
HIGHLIGHT
映画『アバター』の世界を歩く
PEOPLE
古いにしえから武陵源で暮らす少数民族の人々
HISTORY
かつての辺境の地が中国随一の観光地へ
MYSTERY
奇岩の森はどう形成されたのか?
WULINGYUAN IN WINTER
武陵源の冬
PHOTO
広角と望遠レンズで武陵源の魅力を引き出す
EXCURSION
少数民族の歴史・文化を体感できる寄り道スポット
GOURMET
中華料理で最も辛いとされる湖南料理
ACCESS
武陵源への道
UNKNOWN WONDER
知られざる絶景「キジ島の木造教会群」〈ロシア〉
THE WORLD'S TOP 3
世界三大絶景「芸術的な噴水」
WONDER IN SEASON
ニッポンの旬の絶景「淡墨公園の根尾谷淡墨ザクラ」
TOPICS
知って得する絶景コラム〈武陵源編〉
次号予告

≪次号予告≫

第24号 4月11日(火)発売

時間と浸食が築いた圧倒的スケール
グランド・キャニオン
〈アメリカ〉

連載 世界三大絶景 美しい時計塔
          スパスカヤ塔(ロシア)、メッカ・クロック・ロイヤル・タワー(サウジアラビア)、スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(マレーシア)
連載 知られざる絶景  ラルンガルゴンパ(中国)
連載 ニッポンの旬の絶景  立山・雪の大谷ウォーク(富山県)

悠久の時が創りあげた壮大な大自然による芸術作品、「グランド・キャニオン」。異なる色の赤土が何層にも重なる美しさと、そこに棲まう生き物たち、大自然と人間との歴史を紹介し、そして、なぜこのような美しい地形ができたのかという謎に迫ります。

※内容及び、デザインは変更になる場合がございます。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.