画像: ラウンジのエントランス

ラウンジのエントランス

私の旅スタイルは、ホテルでゆっくり滞在することを目的にしているので、事前に計画をして絶景を見に行くことはあまりありません。「この景色が見たい!」と思って旅を計画したのは、ギリシャのサントリーニ島くらい。

画像: 迫力ある景色が目の前に

迫力ある景色が目の前に

けれども、これまで旅してきた中で、一回の渡航につき、必ず一度は素晴らしい絶景に巡り合えているように思います。それは、透けて見えるような海だったり、神秘的な自然美だったり、幻想的な朝焼けやサンセットだったり……自分の中で予期していなかったシーンに出合えた時こそ、感動もひとしお。ですから、今も「訪れたい絶景スポットはありますか?」と尋ねられても、答えは見つからないかもしれません。

画像: 夜は混み合うが回転も早いので窓際席以外なら少し待てば入店可能

夜は混み合うが回転も早いので窓際席以外なら少し待てば入店可能

でも、何度見ても飽きなくて、なお今も、いつでも見に行きたい、という景色があります。それは、香港のインターコンチネンタルホテルのラウンジから見る景色です。香港には数多くの夜景スポットがありますが、その多くは、高いビルや山頂から臨みます。が、このラウンジは、そういった類の景色とは違う、ビクトリア湾の水面に近い位置から180度の迫力ある夜景を一望できます。

画像: 空いている午前中もお勧め

空いている午前中もお勧め

ここは、香港随一の夜景スポットとして、あまりにメジャーな場所かもしれません。でも、私はこの場所を訪れると、いつも生きる活力が湧いてきます。それは、まるで忘れかけていた情熱が蘇ってくるようで、体中にパワーがみなぎります。 パプアニューギニアでみた満天の星も、香港と並ぶ世界三大夜景であるモナコの華やかな夜景も、確かに印象的ではありましたが、この場所に居るときほど、心に響くものはありませんでした。

画像: レストラン「アクア」 このような高いビルから見下ろす夜景はよくありがち

レストラン「アクア」 このような高いビルから見下ろす夜景はよくありがち

人それぞれ、見てみたい絶景も、感動する絶景も異なると思います。でも、何度訪れても、「やっぱり素敵だな」と思う自分なりの絶景スポットを身近に発見できたら、それが一番幸せなことかもしれません。

「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」    Ciel

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.