誰もが足を止める噴水エンターテイメント
Fountains of Bellagio
ベラージオホテルの噴水〈アメリカ〉

画像: 噴水ショーと併せて、隣接するホテル「パリス」のエッフェル塔やバルーンの電飾など、ラスべガスならではのゴージャスな夜景が楽しめる

噴水ショーと併せて、隣接するホテル「パリス」のエッフェル塔やバルーンの電飾など、ラスべガスならではのゴージャスな夜景が楽しめる

 見る人を圧倒する噴水ショーの中でも、旅の目的になるほど美しいものは数少ない。ラスベガスのランドマークのひとつであるベラージオホテル正面の噴水は、その筆頭だ。ベラージオとは、映画のロケ地としても有名な北イタリアにあるリゾートのこと。当地のコモ湖を模した5万㎡を超える巨大な人工池では、午後から深夜まで、約15分または約30分おきに無料の噴水ショーが開催される。音楽に合わせて噴き上がる水の筋は四肢をくねらせる妖艶な踊り子のようにも見え、数十本の水の束が呼応してノズルから現れる様子は圧巻だ。曲によって演出が変わり、そのパターンは約30種類。いつ見ても趣の違うショーを堪能できる。

ACCESS
ラスベガスにあるマッカラン空港からはタクシーやエアポートバスでアクセス可能。ラスベガス・ブールバードとフラミンゴ・ロードの交差点にある。

高さ260mを超える世界最高のジェット噴水
King Fahd's Fountain
キング・ファハドの噴水〈サウジアラビア〉

画像: もっとも美しいとされるのがサンセットとの組み合わせ。水霧にかすむ夕景を拝める

もっとも美しいとされるのがサンセットとの組み合わせ。水霧にかすむ夕景を拝める

 サウジアラビアの第5代国王ファハド・ビン・アブドゥルアジズの名を冠したキング・ファハドの噴水は、約260mという世界一の高さを誇る。1985年に完成した、世界でも珍しく海水を噴き上げるもので、ジャンボジェットのエンジンとほぼ同じ動力源を使用しているそうだ。海面高く舞った飛沫が落ちながらやがて霧に変わる過程は、いかにも儚く幻想的だ。また、紅海の水を高々と噴出させる姿は“中東の巨大鯨”といった愛称があり、地元民にも親しまれ、原油が奔出する同国の富の象徴のようでもある。

ACCESS
西部の港湾都市ジェッダのキング・アブドゥルアズィーズ国際空港からシャトルバスなどで市街地へ。アル・クルナシュ通りから眺めるのが一般的。

建設費220 億円のキング・オブ・ファウンテン
The Dubai Fountain
ドバイ・ファウンテン〈アラブ首長国連邦〉

画像: 日中は1 日2 回、日没後は30分ごとにショーが開催される。手前のザック・アル・バハー橋はビューポイントとして人気

日中は1 日2 回、日没後は30分ごとにショーが開催される。手前のザック・アル・バハー橋はビューポイントとして人気

 前述のベラージオや東京ドームシティの噴水を手がけた、世界最大の噴水デザイン企業ウェット・デザイン社(アメリカ)の最高傑作と呼ばれる作品が、ドバイ・ファウンテンだ。毎晩開催される、約5分間の光と音に同期した噴水ショーは毎分8万ℓもの水を放出し、6600個の電球と25色のプロジェクターを使ってド派手な演出を見せる。噴出する水の高さは150m、幅は世界最長の275mと他に類を見ないサイズで、水の塔、水のカーテン、水のオーロラと広大な池で姿を変え続ける水の群れは、意思を持ってうごめく獣のようだ。特に近くの橋の上では、飛沫が涼とマイナスイオンを観る者に与えてくれる。

ACCESS
ドバイ国際空港からドバイメトロ・レッドラインのブルジュ・ハリファ/ドバイ・モール駅まで約10分。駅から徒歩約15分。

 時に高く噴き上げ、また激しくうねりながら噴き出す水は、変化するアートだ。形を変えながら癒やしと憩いを提供し続けてくれる噴水をいつまでも眺める。そんな旅の小休止のような一日はいかがだろうか。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.