画像: ナッキトッシュのメインストリート

ナッキトッシュのメインストリート

広大なアメリカ合衆国には、日本ではあまり知られていないながらも、歴史がありクラシカルな美しい街がいくつも存在する。 一昨年から、ミシシッピリバー沿いの10州を車で巡るロードトリップを数度楽しんでいるが、各州には全米で可愛い街ランキング上位に輝く、驚くほど素敵な街がたくさん隠れているのだ。

画像: 街にはヨーロッパのエッセンスが溢れている

街にはヨーロッパのエッセンスが溢れている

今回のミシシッピリバー沿いの南部の3州を巡る旅では、ルイジアナ州で素敵な街を発見した。 街の名はナッキトッシュ。 ルイジアナ州と言えばニューオリンズが観光地として有名だけれど、ナッキトッシュはニューオリンズよりも早い1714年にフランス人が入植し、 ルイジアナ最古の美しい街として知られている。
早速ナッキトッシュの街を散策してみたところ、街並みの可憐さにすっかり心奪われた。メインストリートは歩いてすぐに回れるくらい小さいが、煉瓦造りの街並みが続き、ブティックや本屋、石鹸ショップ、バーバーなど、小さな可愛いお店が連なっている。 白亜の美しいプランテーションハウスもいまだに健在。

可愛いお店を歩いて巡るのが楽しい

それにしてもナッキトッシュのマダム達は品があり、お洒落。昼間から素敵なジュエリーを身に付け、カラフルながら洗練されたファッションを身にまとっていた。そしてナッキトッシュの人々はとてもフレンドリー。街の風景を写真に収めながら歩いていたら、マダム達に「どこから来たの?Japan? Welcome! 楽しんでいってね!」と、心から歓迎してくれてなんだか嬉しくなった。

画像: ナッキトッシュ在住のマダム達

ナッキトッシュ在住のマダム達

ランチは、マダム達もお気に入りの「Merci Beaucoup Restaurant」で頂くことに。25年前はガスステーションだったというけれど、現在はこれまた煉瓦造りのお洒落な店内になっている。
ナッキトッシュの伝統名物はずばり、ミートパイ。ピロシキみたいであつあつさくさく絶品! その他、ガンボやPO-BOY、Craw fish(ザリガニ)のフライなど、クレオールとケイジャンの食文化が融合した、ルイジアナ州独特の伝統料理を堪能できる。

画像: ルイジアナ州の名物料理の数々

ルイジアナ州の名物料理の数々

ナッキトッシュはかつて入植したフランスの面影が街に強く残り、街をそぞろ歩いているとなんだかヨーロッパにいるかのような気分にもなる。ルイジアナ州の中でも特に、ここナッキトッシュにはフランスの雰囲気が残っているそうだ。街を歩いているとフランス語もたまに聞こえてきた。
絶景は大自然だけではない。ヒストリカルな美しき街も、また絶景の一つ。ナッキトッシュはクラシカルなアメリカと洗練されたフランスの文化が融合した伝統と品が溢れる街だった。

旅フォトジャーナリスト KANA

画像: ヴィジュアルで魅せる旅フォトBLOG 「JETSET TRAVEL LIFE」 jetsettravellife.com

ヴィジュアルで魅せる旅フォトBLOG
「JETSET TRAVEL LIFE」

jetsettravellife.com

取材協力: ミシシッピ・リバー・カントリー USA日本事務所

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.