大阪湾沿いに咲き乱れる250万輪のゆりの花

 2013年に大阪にオープンした大阪舞洲(まいしま)ゆり園。期間限定で美しいゆりの花畑を見られるこの公園のコンセプトは〝海とゆりの競演〟。大阪湾を望む場所に、250万輪のゆりが植えられている。

画像: 海までも埋めつくさんばかりのゆりの花畑は圧巻だ。風に揺れる花が可愛らしい

海までも埋めつくさんばかりのゆりの花畑は圧巻だ。風に揺れる花が可愛らしい

 園内に入ると、ふんわりとしたゆりの花の独特の甘い香りと、優しい潮風に包み込まれ、心地よい。大阪湾からの風に花が揺れる姿は、高貴で優雅だ。また色鮮やかな花々と青い海のコントラストが美しい。

 園内は、ピンク、イエロー、オレンジと、花の色ごとにエリアが分けられている。なかでも、まるで地面に描かれた虹のように咲くゆりを観賞できる「ボーダーゾーン」は好評だ。ゆりの花から視線を上げると、洋上には雄大な明石海峡大橋を眺められ、爽快な気分に浸れる。周囲に建物がないため、視界いっぱいに広がる広大な空と海、そして美しいゆりを存分に楽しんでほしい。

 また陸からでなく、空から優雅に観賞できるのもこのゆり園の特徴だ。期間中、毎日遊覧ヘリコプター(別料金・所要時間約3分)がフライトしており、さらに気球(別料金・所要時間約5分)にも乗ることができる。空から見下ろす一面のゆりの花は、忘れられない光景になるだろう。

 見頃 :5月下旬~7月上旬

 住所 :大阪府大阪市此花区北港緑地2 丁目 
アクセス:大阪市営地下鉄中央線コスモスクエア駅からバスで約20 分。阪神高速5 号湾岸線、
阪神高速2 号淀川左岸線湾岸舞洲IC から約5 ㎞。
※ 2017 年の開園期間は5 月27 日(土)~ 7 月5日(水)を予定。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.