昨夏のバカンスはスペインで2週間ほど過ごしました。
バルセロナ→マヨルカ→イビザ→バルセロナ、という少しタイトな旅でしたが、初めてのスペインは最高の思い出になりました。今回は特にガウディの作品を4つ御紹介したいと思います。バルセロナの観光名所と言えば、やはりサグラダ・ファミリア!いまだ建設途中のこの教会は1882年から建設が開始され、ガウディ没後100年の2026年に完成すると言われています。

画像: いまだ建設中のサグラダ・ファミリア

いまだ建設中のサグラダ・ファミリア

画像: シンボリックな彫刻がほどこされていました

シンボリックな彫刻がほどこされていました

内部は蚕の繭のような、はたまたヒトの体内のような…異世界を感じさせる造りでした。

ひときわ天井が高い教会内部。いくらみても見飽きない

マリア様はオーセンティックでした

サグラダ・ファミリア以外にも、バルセロナにはガウディが手がけた公園や建築がたくさんあります。ガウディの家と作品群を有するグエル公園もその一つ。こちらは世界遺産にも登録されているのですが、その見晴らしとメルヘンな雰囲気が大変気に入り連日伺いました。

画像: グエル公園からの眺望

グエル公園からの眺望

画像: カサ・ミラ 外観

カサ・ミラ 外観

こちらはカサ・ミラという集合住宅で、ガウディが手がけ、世界遺産にも登録されています。地中海をイメージしたといわれるこのデザインは、まるで童話のなかにいるかのような心持ちに。現在も賃貸マンションとして使用されています。

画像: ガウディは曲線の魔術師ですね。まるで生き物のように思えます

ガウディは曲線の魔術師ですね。まるで生き物のように思えます

こちらもガウディが手がけた集合住宅で世界遺産、カサ・バトリョ。可愛らしいカラフルなタイルに、骨のようにみえるファサードが妖しさを添えた不思議なマンションです。

画像: 今も人が住んでいます

今も人が住んでいます

ガウディの手がけた作品を色々と見て回りましたが、本当にいつまでみても見飽きることがなく、それどころか、見れば見るほどどことなく不安を覚えてますます目が離せなくなる…そんな気持ちになりました。これは私の個人的な意見ですが、ガウディの作品はどれも人体をテーマにしているように感じられ、そこから伝わってくる彼の強烈な変態性が、こんなにも人を虜にしているんだと思うのです。建築やアートは好きで世界中で見て回るのですが、「作者と語り合ってみたい」と思わされたのは彼が初めてです。みなさんもバルセロナへ行ったらぜひご覧になってみてください。

今回が連載の最後となります。
今までお付き合いいただきありがとうございました。
私の旅はまだまだ続きます。また皆様とどこかでお会いできます事を楽しみにしております。

Photo / Text: Makiko Yamamoto

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.