高度経済成長を支えた叡智(えいち) の結晶にして究極の人工美・工場夜景

 金、銀、橙に瞬く幻想的な灯りと煙突から立ち上る蒸気、光を帯びて輝く金属の配管やタンク、ライトアップされた倉庫……。黒く沈む夜の海に浮かぶように瞬く工場夜景が、近年人気を集めている。

画像: 大正橋エリアと呼ばれる四日市市の工場夜景のメインスポット。コスモ石油四日市製油所などが望める

大正橋エリアと呼ばれる四日市市の工場夜景のメインスポット。コスモ石油四日市製油所などが望める

 この工場夜景の聖地との呼び声が高いのが四日市市だ。石油化学コンビナートをはじめ、化学プラント、建ち並ぶ大型クレーンやタンクなど夜景を構成する建造物すべてのサイズ、量が国内最高と言われ、工業地帯一帯に絢爛さを感じとることができる。

また、工場が水際に立地しているため、夜景が運河や湾、川面に映り込む。近くの埠頭からはクルーズ船も金・土曜日を中心に出航しているので、地上、展望台、海上とあらゆる角度から立体的に夜景を観賞することが可能だ。

 時折、合成ゴムなどを精製する際に立ち上る特有の臭いを感じることがある。煙突や冷却塔からは常に蒸気と炎が吐き出されている。そんな工場の生々しい雰囲気こそが、この人工美の結晶とも言える工場夜景の醍醐味なのかもしれない。高度経済成長期に日本の原動力となった場所が、今では国民の心を癒やす役割も担っているのだ。

 見頃 :通年

 住所 :三重県四日市市霞 
アクセス:JR関西本線四日市駅から徒歩約15 分。伊勢湾岸自動車道みえ朝日IC から約5㎞、東名阪自動車道四日市IC から約15㎞。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.