画像1: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

アジアのビーチリゾートと言えば、インドネシアのバリ、タイのプーケット、マレーシアのランカウイなどが有名ですが、近年、ベトナムにも次々とリゾートが誕生しています。その中でも注目を浴びているリゾートと言えば、中南部にあるカインホア省の省都ニャチャン。ここ数年、高級ホテルが続々と建設され、国内外から多くの観光客が訪れる注目の都市です。

画像2: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

ニャチャンの乾季は2月から9月ごろ。私が訪れた6月はベストシーズンの最中で、波が輝いて見えるほど透明度が高く、ベトナムの海がこれほど美しいだなんて……驚きました。

画像3: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

滞在先は、ベトナム初のアマンリゾートとなるアマノイ。ニャチャン空港から車で約1時間15分。およそ 29,000 ヘクタールを誇るヌイチュア国立公園内に位置しています。ヌイチュア国立公園は多様な動植物にとって最適な環境で、少なくとも 1500 の植物種、160 の鳥類、そして60 種の哺 乳類が生息しているとされ、アマノイ敷地内でもリスやトカゲなどと度々遭遇しました。

画像4: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

海を眺めながらいただく朝食。カラフルなクッションと鮮やかなブルーのコントラストが綺麗です。

画像5: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

アマノイでは、イマージョンという新しいウエルネスプログラムを体験していたため、朝食もイマージョン専用のメニューをいただきました。

画像6: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

アマノイ内に二つあるプールのうちの一つ「ビーチクラブ」では、プールとビーチを眺めながらランチがいただけます。

画像7: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

ベトナム料理の他、ピッツァやハンバーガーなど洋食メニューも多数。ベトナム料理はハーブや野菜を多用しているものが多いので、デトックスしたいときには最適です。

画像8: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

もう一つのプール、クリフプール。階段を降りていくと、目の前に迫ってくる絶景。

画像9: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

ヴィン・ヒー湾を望む雄大な景色を楽しめるインフィニティプールは、崖の上にあり、山と海を眼下に臨みます。

画像10: ベトナムのビーチを満喫するニャチャンの絶景リゾート vol.24

何一つさえぎるものがない、開放感を独り占めできる贅沢なひと時でした。現在、ニャチャンまでは、日本からの直行便はなく、ハノイやホーチミンで乗継となります。また乗り継ぎ時間も長く、アクセスは便利ではないのですが、逆にその時間を利用してハノイやホーチミンにも立ち寄れるので、リゾートと大都会という、全く違うベトナムの雰囲気を一度に味わえるのも魅力的だと思います。

今回でこちらでの連載は終了となります。今までご覧いただき、ありがとうございました。 雑誌やテレビで見かけた絶景画像を追い求めて旅に出るのも楽しみの一つですが、ふらっと出かけた旅先で自分だけの絶景スポットを見つけるのも旅の醍醐味だと思います。
皆さまも素敵な絶景に巡り合えますように...!

「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」    Ciel

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.